本店: 06-6448-0734
本社: 06-6448-6435
sushiman@sushiman.co.jp
総本家 小鯛雀鮨 鮨萬 -江戸時代から、大阪すしの味を伝える すし萬-
すし萬

ごあいさつ

代々ここ大阪で すし屋 を営み、まもなく360周年を迎えます。そのほとんどの期間、小鯛雀鮨® および数種類のみの押しずしを調製・販売してまいりました。

 あえて業容を拡大するつもりはなく、代表商品である小鯛雀鮨® をまもり続けることこそを使命と銘じておりますが、同時に時代の変化にも対応しつつ今日を明日へとつなげてこその伝統と考えております。

安定して伝来の調製をつづけ、食文化のひとつとして未来につなげるよう、さらに努力、邁進して参りますので向後、変わらぬご愛顧、御鞭撻を賜わりますよう伏して御願い申し上げます。

所属団体など

小鯛雀鮨
社団法人 国際観光日本レストラン協会(常務理事)
社団法人 国際観光日本レストラン協会 関西支部(副支部長)
大阪商工会議所 新人会 (幹事)
大阪NOREN百年会
協同組合 大阪有名大店会 (理事)
東料理組合
大阪西納税協会 (理事)
大阪観光土産品協会 (理事)
浪花うまいもの会 (代表幹事)
甘辛のれん会 (代表幹事)
大阪産名品の会 (幹事)
大阪南ロータリークラブ (副会長)

おおさかすしとすし萬

承応二年(1653)創業

鮨萬(すし萬)は、承応二年(1653)に創業いたしました。

正確にはその頃魚の棚(現在横堀二丁目付近)で魚屋渡世をし、副業に雀鮨を作っておりましたが天明元年(1781)の頃、京都の宮廷へ献じるにあたり西宮沖の小鯛の二才物を用いて雀鮨を作りましたところ評判を得ましたため、雀鮨専門となりことさらに総本家小鯛雀鮨と称しました。
おそらく義太夫で名高い吉野(奈良県)の釣瓶鮓と共に、すし業のはしりではないかと思われます。

その頃大阪には摂州福島の雀鮨(毛吹草:1670年頃)が既に地方名産として挙げられていましたが当時は浪速江鮒(ボラの稚魚)が材料として使われ【魚の腹脹れて形雀に似たるを以て号之(摂陽郡談)】と記されているように、現在のものとは作り方がかなり異なるものでした。

初代河内屋長兵衛より十五代・三百六十年の間に禁裏御鮨師を世襲し、明治元年・五年には津村別院(北御堂)で明治天皇の御用命を蒙り、御膳所御用御包丁人の看板が下されております。

昭和十七年戦争による一時的な休業はございましたが、昭和二十五年四月組織を法人に改め関西圏以外の土地でもすし萬のおすしを広く皆々様に食して頂けるようになりました。

最近でも三笠宮 秋篠宮家はじめ宮内庁の御下命をいただき今日に至ります。

これからも、伝統を守りながら新しいものを取り入れ、皆様に愛される「すし萬のおすし」をお届けいたします。

江戸時代に「おおさかすし・小鯛雀鮨」を買い求める町の人の様子

戦後の十四代・石本萬助(小倉英一)

昭和二十一年九月、京都東山の無隣庵での短歌会にふらりと現れた、汚れたカーキー色の兵隊服の復員兵。
四年ぶりの復員にも関わらず、まっすぐ大阪へ向かわず京都で下車した十四代石本萬助の気持ちは当時の主だった都市が焼け野原と化していた日本では多くの復員兵が感じる気持ちと似たものだったという。
一刻も早く故郷に帰らねばならない気持ちと、変わり果てたふるさとと直面するのを少しでも延ばしたい気持ちという矛盾する二つの気持ちを抱えて。焼け残った京都の古き良き日本を味わっていた復員兵たち。
そんな中に佇む十四代にとって、無隣庵でのひとときは気持ちを整理するためのものだった。

召集時は古き伝統と天明から続く店を自分の代で失うことに諦めににた心境でいた中、焦土と化した大阪に戻り土佐堀の住友ビルの角を曲がった途端運命的なものを感じることとなる。
瓦礫の原にバラック建ての家々という無残な姿の船場の中で、西横堀川に沿った東側のひと並びだけが、細長く焼け残っていたのである。横堀一丁目、すし萬の店はその中にあった。

焼けていたらもう鮨屋はやめるつもりだったという十四代・石本萬助。
浪花名物小鯛雀鮨の伝統はそのようにして蘇ったのである。

(「老舗~美と心~」掲載文より一部抜粋)
↑明治時代の店舗と大阪の町の様子

焼け残った当時のすし萬店舗→
明治時代の店舗と大阪の町の様子 焼け残った当時のすし萬店舗

すし萬のお鮨をデパートで。

戦争が終わり、高度成長期へ。デパートでお鮨が食べられる時代になる中、大阪のデパートですしの販売をはじめたのもすし萬が関西初となります。昭和五十八年には株式会社小鯛雀鮨鮨萬と組織改編を行い、十四代萬助の死により現十五代萬助・小倉宏之家業を継承し、現在まで関西のみならず東京・名古屋と多くの店舗出店を行い広く大阪すし、すし萬の味を広めてまいりました。

本物の味を、これからもお届けしてまいります。
←昭和の匂いが色濃く残る、デパートのお店。
 当時は着物姿の女性が多くみられました。
昭和の匂いが色濃く残る、デパートのお店。
当時は着物姿の女性が多くみられました。
お鮨で、デート。
レストランでのお食事が一般的になってきた昭和中期の一場面です。
お鮨で、デート。
レストランでのお食事が一般的になってきた昭和中期の一場面です。
←すし萬といえば、お土産。
 大阪の方にとってすし萬のお鮨は
 お土産の定番でした。
 美味しいお鮨を食して育った
 若い世代にとっては「思い出の味」。
すし萬といえば、お土産。
大阪の方にとってすし萬のお鮨はお土産の定番でした。
美味しいお鮨を食して育った若い世代にとっては「思い出の味」。
すし萬 インフォメーション すし萬レストラン 波沙鮓NAMISUS お持ち帰りメニュー すし萬の歴史 甘辛のれん会
ごあいさつ会社概要サイトマップ
トップページへ戻る
総本家 小鯛雀鮨 鮨萬 Copyright 2012-2016 Sushiman All Rights Reserved.